お問い合わせ・ご用命について

2021年12月25日

年末年始、休業時の対応について

日頃は格別のお引き立てを賜りありがとうございます。

年末年始の休業中、お電話でのお問い合わせは、留守電にメッセージと折り返しのご連絡先を入力していただいた件につきましては、年始1/7以降に折り返しご連絡をします。

メールにてお問い合わせを頂きました件につきましても、1/7にメール確認の上、それ以降の返信とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

出張中にいただいた、留守電やメールは出張から帰店後確認を入れて、返信させていただきますので、その限り(1/7以降になること)ではありません。

宜しくお願い致します。

neichiya at 12:59|PermalinkComments(0)

2021年12月21日

出張優先日について

日頃は丸越ふとん店をご利用いただきましてありがとうございます。

当店の営業について、店頭、ホームページ、ブログ、で「出張優先」と表示しておりますが、この意味は、商品の納品、打ち直し・リフォーム・クリーニングなどの引き取り、等でお約束したお客様宅に伺うことです。

木曜日・祝日は出張優先日として、出張中は店舗を閉めてお約束をしたお客様宅に伺っています。また、繁忙期には特別に出張優先日を設けることがあります。

通常店舗営業日の午後6時以降(店舗営業時間後)も、アポイントのお客様宅に伺っておりますので、出張優先日に限定されることなく、ご要望をいただければと思います。

よろしくお願いいたします。

neichiya at 11:56|PermalinkComments(0)

2021年10月19日

不要ふとん、綿の引き取りについて

いつも丸越ふとん店をご利用いただきありがとうございます。

頭記の件、結論から申し上げると、不要ふとんわたの買取りや、引き取りは行っておりません。

ほとんど使っていなくとも、新品状態であっても、中古扱いで、ごみ扱いとなります。

確かに、綿は買えば高価ですし、捨てるのはもったいないと思います。年配のお客様は特に、勿体ない、捨てられないとおっしゃいます。

以前は、「下取りセール」と称して、新しいおふとんをご注文のお客様に、不要布団を3000円で下取りますとか、ちらしでセールを行っていたことはありましたが(私の代ではチラシはやっていませんが)、下取ったおふとんが、お金になるわけではなく、普段は、高い処分料を払って業者に処分してもらっていたものが、下取りセールのチラシ作成をメーカーに注文し、そのチラシで広告宣伝するならば、不要布団を無償で処分してもらえたというのが、現状です。チラシ作成費、チラシ折り込み費用、下取りと称した値引き費用は結構掛かっていたようで、大昔は数量が出ていたからペイできたのでしょうが、時代ですね、ある頃からはチラシをまけば大赤字というのが常態化していきました。

というわけで、昔のそんなイベントがあり、古くからのお客様が、ふとんを買い取ってくださいとか、ただで持って行ってくださいとか言われると思うのです。

現在当店では、打直し、新規でのおふとんの仕立てや、新しい既製ふとんの買い替えなどで、不要布団が出て、処分をされたい場合は、事前にお申し出頂ければ、無償で処分させていただくサービスを行っております。新しいおふとんを納品時に不要ふとんの引き取りを行うのが条件となります。

おふとんの処分のみのご依頼は、実費を頂ければ行いますが(運搬や処理費諸々で1万円くらいから)、大和市に依頼されれば、ふとん3枚で1証書(¥500)の粗大ごみ証書で処理できますので、大和市に直接依頼されたほうがよろしいかと思います。また、地域の社会福祉協議会に相談されますと、状態によりますが、無償(寄付という形)で受け取っていただける場合があります。

また、「社会福祉協議会でも受け取ってもらえないが、どうしても綿を捨てることができないので使ってもらいたい」というお客様もいらっしゃって、その場合は、打直しできる綿ならば、打直工賃代金をお支払い頂ければ、古綿製品と表示して、座布団等に仕立て直して販売するという形でよろしければ対応しています。ただし、その場合も、綿の質が良いと当店が判断できるもので、かつ当店で在庫保管できる範囲内での対応となります。

以上、長文で申し訳ありませんが、ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。






neichiya at 13:46|PermalinkComments(0)

2021年07月17日

お客様宅へお伺いする件(配達・引き取りなど)でお願い

いつも丸越ふとん店をご利用いただきありがとうございます。
梅雨もあけ、いろいろとご用命も増えて参りました。

当店は、店舗営業、お客様宅への配達・引き取り、仕入れ先・工場への出荷活動や出張活動、もめんふとん仕立ての仕込み作業、などを1名で行っております。

木曜日・祝日は、店舗を閉めて、お客様宅への配達・引き取りや、仕入れ先・工場への出張を優先して行っています。

また、お客様宅への配達・引き取り業務が、木曜日一日では間に合いませんので、木曜日以外の平日は、店舗の閉店時間を18時とし、その後、お客様宅へ向かっています。

その場合、お客様宅へ18時の閉店以降にお伺いしますとアポイントを取っていますが、18時に閉店作業を行い、営業車で向かう場合、場所と交通事情にもよりますが、19時近くになることもあります。その日2件め以降のお客様は20時を過ぎることもあります。遅い時間になりご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解いただきますようお願いいたします。

こういった営業スタイルにして以来、数年が経ちますが、お客様のご理解のおかげで、なんとか運営ができておりますことを御礼申し上げます。

今後とも、宜しくお願い申し上げます。






neichiya at 15:18|PermalinkComments(0)

2021年05月15日

当ホームページ、フォームからのお問い合わせについて

いつも、丸越ふとん店をご覧いただきありがとうございます。

ベビーセット販売ページ


において、フォームからのお問い合わせ、購入を頂く際、

メールアドレスの記載がない場合は、対応が出来ません。

メールアドレスが間違っている場合も届かないと思います。

ご理解のほど宜しくお願い致します。

neichiya at 14:52|PermalinkComments(0)

2020年09月11日

打ち直し仕立て直しの目安金額

この記事は、2012年12月にアップしたものを、2016年に修正して再掲したものを、2020年9月にさらに修正して再掲するものです。消費税率他、金額の変更を行っております
--

この記事は、2012年12月にアップしたものを、2016年に修正して再掲いたします。消費税率等金額の変更を行っております

---

お問い合わせいただきありがとうございます。

打ち直し・仕立て直しにつきましては、こちらのホームページもご参照ください


打ち直しは、今お使いになっている布団の中綿を取り出し、打綿機というマシンにかけ、綿をほぐしなおし、1枚が0.3kgで厚さ2〜3cm、畳一畳分くらいの大きさのものを、何枚にも成型しなおす工程です。
昔は、綿をバイオリンの弦のようなものでバンバン叩いて解し直していました。たまに香港映画の中で出てきたりしています。

仕立て直しは、打ち直しした綿を、新しい側地に合わせて積み重ね、職人技で、布団製品に仕上げることです。

当店では、打ち直し、仕立て直しという表現を以上の内容で使っています。昔は打ち直しだけ注文を頂き、布団作りはご家庭で行う家もありました。最近は、布団製品に仕上げるまでの打ち直し・仕立て直しが多くなっていますが、打ち直しだけのご注文を、今でも承っています。


追記させていただくと
敷き布団の場合

(1)打ち直し工賃=お預かりした中綿重量(約7kg)とすると
@750×7kg=5250円

(2)新しい側地、@1000/mの生地でシングル103cm巾200cm丈とすると
@1000×4m=4000円

(3)綿入れ工賃、シングル敷きの場合
@2600×1枚=2600円

(1)+(2)+(3)=11850円
消費税10%の場合、消費税額1185円
総額¥13035.-となります。

7kgの中綿を打ち直しすると、ほこりや乾燥などで10%目減りします(約6.3kgで戻ってくる)
そのため、元量で仕上げる=(7.0kgで仕上げる)には0.7kgの新しい綿を足します。
新しい綿の足し綿代が追加で発生します。
綿の一枚の重量は約0.3kgですので、2枚ちょっと足して計7.0kgで仕上げることが元量まで足すという意味です。(2枚ちょっとですと、ご請求は3枚分になります)

1枚825円の綿を3枚足し綿をした場合の目安金額は、総額¥15000〜¥16000になります。

足す、足さないはお客様の判断ですから、今よりも軽いほうがよろしければ足さなかったり、入れ目を減らせば良いわけです。入れ目を減らせば軽いが薄くなります。

以上、ご参考いただければと存じます。
宜しくお願いいたします。





neichiya at 16:32|PermalinkComments(0)

2020年07月29日

ペイペイ決済(ダイアリ)paypay

当店ではpaypay決済(店舗QRコードを顧客にスキャンしてもらう方式)ができるが、お客様の層が高齢であったり、外商先である店舗外での現金の収受が多いので、paypay決済を導入して以来、数えるほどしか利用してもらっていない。

対して、自身はpaypay決済が始まってからすぐ利用するようになったヘビーユーザー(といっても小口だが)であり、ポイント還元などで多くの恩恵を受けてきた。

いまでは、ご近所の商店でも、ほとんどのお店がpaypay決済を採用しておられる。大体の店舗では、顧客側のスマホで店舗のQRコードを読み取り、自身で金額を入力する。そのあと、入力した数字を店員さんに確認してもらってOKなら、決済ボタンを押し、決済完了画面が出るまでの一連をお互いに確認するようにしている。それがデフォルトかなと思っていたが、今日利用したお店では、数字を入力して、金額の確認のためにスマホ画面を見せたところ、「決済ボタンを押した後に(画面を)見せてください」と言われ、ああ、このお店はそれがデフォルトなんだ、って思ったが疑問が残った。

さて、上の文章を読んでみると、金額の確認の画面&決済画面を二度見せてくださいということ?とも取れるが、そうではなくて、「画面を見せるのは、決済完了画面ですよ、これからはそうしてくださいね」と受け取れる言い方であり、しぐさであったので。

もし金額の入力ミスがあって決済ボタンを押してしまい、決済画面で間違いに気づいた場合、店側の端末を用意して、金額訂正なり、取り消し処理など、後処理に結構面倒がかかってしまうのではないか。当店のように、ひとりひとりのお客様に時間を割く商談が多く、行列ができるわけでなく、次のお客様をお待たせするようなことがほとんど無い(暇か?!)なら良いが、先ほどの店舗は混雑時には何人もの行列ができ、レジの店員さんはレジだけでなく商品の加工など、店内での忙しく動かれているような繁盛店。後処理が追加されてしまうとかなり負荷がかかってしまうと思う。

それなのに、決済画面だけを見せるのがデフォルトというのは、どうゆう理由があってそうなのか、逆にそうしないと、店側に不利益をもたらすことが以前にあったからそうしているのか?どういう事例があったのか?考えられるケースが思い当たらないので、ここに疑問をぶつけてみたいと思い、記事にしてみました。paypayのシステムの隙をつくなにかがあるのか?自身もよーく、考えてみますが、わからない限り、当店は今までの決済の流れを継続していきます(だ・か・ら・ほとんど利用が無いけどね!

neichiya at 14:23|PermalinkComments(0)

2019年01月28日

今週の営業について

お知らせの通り、1月30日から出張のため、連続して店舗は閉めます。

出張期間:1月30日(水)〜2月3日(日)

出張中は、運転中、商談中は電話に出ることができません。

携帯メール
hidekiaoki.marukoshi@ezweb.ne.jp
をご利用ください。

宜しくお願い致します。



neichiya at 09:53|PermalinkComments(0)

2018年12月07日

外商について

日頃は丸越ふとん店をご利用いただきましてありがとうございます。

当店の営業について、店頭、ホームページ、ブログ、など「外商優先」と表示しておりますが、この意味は、商品の納品、打ち直し・リフォーム・クリーニングなどの引き取り、等でお約束したお客様宅に伺うことです。
KIMG3527
KIMG3528

休業日や出張以外の、木曜日・祝日は終日、外商優先日として、外商中は店舗を閉めてお約束をしたお客様宅に伺っています。
そのほかの日は、午後6時の店舗営業時間後、外商タイムとして、店舗を閉め、お約束をしたお客様宅に伺っています。

よろしくお願いいたします。

neichiya at 15:26|PermalinkComments(0)

2017年01月31日

当店ホームページ移行作業完了のお知らせ

日頃は丸越ふとん店をご利用頂きありがとうございます。

先日お知らせしました、ホームページ移行作業が完了しましたのでお知らせします。

ホームページの内容に変更があるわけではございませんが、
以前にブックマークしていただいていたページが読めなくなる場合があります。
ホームページのインデックスページ(index.html)のアドレスに変更はありませんが、再度
http://www.marukoshi-futon.com/
から該当ページにアクセスして頂き、再度ブックマークしていただきたくお願い申し上げます。


不具合がございましたら、ご一報いただければ幸いです。 
宜しくお願いいたします。 

neichiya at 09:42|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2013年09月19日

当店の羽毛リフォームにつきまして

先日より、以下の問い合わせを多くいただいておりますので、こちらのブログでもご回答させていただきます。

(Q1)当店の羽毛リフォームが、「羽毛を直接洗う 」ということですが、「スチーム洗浄」ですか?スチーム洗浄の様子を見ましたが、「洗う」というには表現は大げさな気がします。

→(1)ご回答 します

当店の羽毛リフォームにおける「直接洗う」は、側生地から羽毛を取り出し、ドイツ製の洗浄マシンで、水+油分を適度に残す生分解洗剤(EM洗剤と呼んでいます)バシャバシャ洗います。
まさに「水で丸洗い」という表現で間違いない行程と考えています。

オゾンをかけながら羽毛をまわす行程(輸入された羽毛を、国内洗浄していますという場合は、多くはこのオゾン洗浄です)は、理解できますが、スチーム洗浄の場合、熱いスチームをかけるだけなのでしょうか?行程を見てみなければ判断できませんが、「洗う」にはほど遠いと指摘されているので、水でジャブジャブのイメージではなかったということかと考えます。

当店では、「洗い」の後、別行程に移し、湿度調整できるマシンの中で、乾燥+殺菌をします。その際、不要なファイバーは下に落ちていきゴミとして取り除きます。この設備を持ったファクトリーは、国内に多くはありません。スチーム洗浄、また、オゾン処理をかけながらの洗浄だけよりも、相当の行程時間を費やしていると考えます。そして、この行程を行うことで、スチーム洗浄のみ、オゾン処理のみのリフォームよりも確実に「洗浄」されていることがおわかりいただけると思います。



(Q2)シルク生地であっても綿混にすれば耐久性がありますか。


→(2)シルク混(絹50%、綿50%)はシルク100%よりも強いかもしれませんが(シルク100%は相当高価ですが・・・)、綿100%と比較すれば、圧倒的に弱いです。当店では、20〜15年前に流行り、販売してきたシルク混側地の羽毛ふとんの耐久性が低いことを、身を持って経験しておりますので、10年ほど前より、シルク混の生地についてはお勧めしておりません。



以上、最近、極端に多く寄せられる質問について、ご回答申し上げます。どこのマスコミで話題になったんでしょうか?テレビで見ましたが・・・ということで、お客様からの質問をいただいております。

 

neichiya at 00:58|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2013年08月30日

京都西川製品について

規格以下の商品が問題となっておりますが、当店は、東京西川(西川産業株式会社)商品の取り扱い店であり、京都西川製品はいっさい取り扱いはございません。

また、当店経由での回収処理等は行っておりませんので、直接、京都西川へ問い合わせをしてください。

宜しくお願いいたします。 

neichiya at 07:36|PermalinkComments(449)TrackBack(0)

2013年08月29日

ふとんクリーニング、一部商品の受付不可につきまして

湿気が少なくなり、暑いながらも過ごしやすくなってまいりました。

皆さん、いかがお過ごしですか?

ここにきて、ふとんクリーニングのご用命が多くなってきました。

当店でも、ふとんクリーニングサービスを行っております。→こちらをご覧ください 



ふとんクリーニングは、アレルゲンであるダニのふん、死骸を洗い流すことに最も効果があると考えています。 

そのため、中までしっかり水を入れ、洗い流すふとんクリーニングを選択することが重要だと考えます。

当店では、中までしっかりと水と洗剤を通し、洗い流す処理を、しっかりと行っている業者に委託しています。



さて、このたび、羽毛布団のクリーニングにつきまして、一部製品をお受けできないこととなりましたので、お知らせします。

クリーニングのご用命を頂いた際、該当商品かどうかの確認をさせていただき、該当する場合は、残念ながらお受けできませんので、悪しからず、ご了承ください。詳細はお電話にて。


よろしくお願いいたします。

PR
丸越ふとんカラーミー店OPEN 
 

neichiya at 13:00|PermalinkComments(224)

2012年10月11日

ベビーふとんにつきまして

ベビー布団の件で問い合わせを多く頂きましたので、まとめます。
サイズの件でまとめさせていただきます。

さて、一般的なベビーベッド用のサイズに合わせるならば
敷き:75cm×125cm
掛け:105cm×135cm


で仕立てることが多いです。 一般的だと考えます。
このサイズならば、包布のカバーもご用意しております(但し、白、無地ブロード)

ベッドを考慮せず、大きめとなると
敷き:90cm巾×135cm
または
敷き:90cm巾×160cm
で仕立てることが多いです。いずれも包布のカバーもご用意しています。


私見ですが、敷きの場合、カバーでなくバスタオルをシーツ代わりにするのが良いと思います。
しょっちゅう、吐いたり、おねしょをしたりでしたので、いちいち、カバーを取り替えるのが
面倒でした。洗濯性に優れると思います。 

掛けは、105巾×130丈または135丈、が意外と使えます。
小学校にあがるまで重宝していました(私見です)。

90cm巾×160cm巾の敷きに合わせる掛けは120cm巾×160cm丈をご提案していましたが
新生児には大きすぎると考えます。

敷きは大きめ、掛けはベビーサイズで宜しいかと考えます。
ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。

neichiya at 19:52|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年01月07日

お問い合わせメールをチェックしております

新年の営業早々、おかげさまでたくさんのお客様のご来店、ご用命をいただきましてありがとうございました。

やっとPCを開くことができまして、驚くことに膨大なメールを処理しております。
問い合わせのメールも多くいただいております。追って返信させていただきますので少々お待ちください。

neichiya at 16:23|PermalinkComments(477)TrackBack(0)

2009年11月30日

11月29日


11月29日にたくさんのお電話を頂きましたが、携帯電話を忘れたまま営業に終日出ておりましたので、夜になって気づきました。

電話に出れなかったお客様にはお詫び申し上げます。

先ほど、返信ご希望の留守電を入れていただいたお客様には、ご連絡させていただきました。遅くなってすみません。


特に、留守電メッセージをいただいていないお客様にはご連絡いたしませんが、ご容赦ください。




neichiya at 11:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2007年01月05日

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

ご挨拶が遅くなりましたが、昨年は大変お世話になりありがとうございました。
本年もよろしくお願い申しあげます。

新年は6日より営業を開始いたします。
主な業務の現状を下記にお知らせします。

(1)もめんの打ち直し、仕立て直しについて
新年から承ります打ち直し・仕立て直しの納期につきましては、納品が2月以降となりますのでご了承願います。(昨年中の受注残の納品分が1月いっぱいかかる見込みのためです。)

(2)貸し布団について
6日まで在庫0のため、お貸し出しできません。7日以降は、2組準備ができる予定です。


neichiya at 16:27|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年12月10日

年末のお仕立てについて

12月8日現在、もめん布団のお仕立てにつきまして、年内納品の対応は閉め切らせていただきましたのでお知らせします。9日以降も打ち直しの受付・お預かりはしておりますのでお申し付けください。
ただし、納品は来年1月15日以降となりますのでご了承ください。


neichiya at 00:54|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2006年11月12日

無料配達地域について

打ち直し布団や羽毛リフォームの引き取り配達、布団クリーニングの引き取り配達、貸し布団の搬入搬出につきましては、管理者・青木が直接対応いたしております。
当店は、神奈川県大和市からの対応となりますので、直接対応できる地域には限りがあります。対応可能かどうかは、まずはお問い合わせください。

商品の配送につきましては、直接対応地域以外のお客様につきましては、佐川急便の代引きシステム「eコレクト」で対応いたしております。
これ以外のシステムをご希望の方は、まずはお問い合わせください。

送料につきましては以下をご参照ください(サイズや重量によって変動する場合があります)



南九州¥1080(熊本県、宮崎県、鹿児島県)

北九州¥1060(福岡県、佐賀県、大分県、長崎県)

四国¥950(徳島県、香川県、高知県、愛媛県)

中国¥1010(岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県)

関西¥910(京都府、滋賀県、奈良県、大阪府、兵庫県、和歌山県)

北陸¥924(富山県、石川県、福井県)

東海¥890(静岡県、愛知県、岐阜県、三重県)

信越¥930(長野県、新潟県)

関東¥760(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、群馬県、栃木県、山梨県)

南東北¥930(宮城県、山形県、福島県)

北東北¥990(青森県、秋田県、岩手県)

北海道¥1180(北海道)



neichiya at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

お問い合わせ、ご用命について

65fd0024.jpgこのブログは丸越ふとんドットコム、管理者・青木が管理しております。
ブログ記載の商品についてのお問い合わせやご用命は、ブログのコメント欄でも結構です。

メール、お電話でもどうぞ。できる限り対応いたします。

管理者・青木は営業で外出が多いため、直通電話を携帯しておりますが、運転中や接客中の際は留守電になりますので、メッセージを残していただければ、折り返しご連絡させていただきます。



neichiya at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)